« August 2005 | Main | October 2005 »

September 16, 2005

穂高駅でぶらぶら(青春18切符Ⅳ)

8月22日

篠ノ井の信州健康村といカプセルホテルで目が覚める。
カプセルホテル内ででかい声でしゃべっている客がいて
なかなかいい眠りとはならなかった。
次回は耳栓を用意するとしよう。

宿を出て、のんびり歩き始める。
たしか、篠ノ井駅の近くに西友があったはず。。。
おお、あったあった。朝食が安く済む。
おにぎり2個とバームクーヘンを購入。
店を出て、のん気に歩いていると、後ろから高校生が
追い抜いていった。
あっ列車の時刻が近いのかも、
ということで、高校生を追いかける感じになった。
篠ノ井駅で4日目の青春18切符の判子を押してもらい
さぁいくぞ~。

ホームにたどり着くと一分もしないうちに列車(9時15分発)
が滑り込んできた。
姨捨の車窓を見やすい位置(進行方向左側)に席をとり、
車窓を眺める。
うんうん、最高~。

松本に定刻通りに到着。
今日は大糸線に乗りたい。。。
ふと見ると40分くらい時間がある。
う~ん、松本城までいって帰ってぎりぎりかな、
やめとこ、という事でマックで仮眠。。。。。

松本駅に数分前に戻ると、
新宿発の特急が架線にビニールが付いたとかで遅れていた。
それに伴い、大糸線の普通列車にも影響。。
またかよ。。。前日といいトラブル続きやな。
特急が発車してわりとすぐに普通も発車した。
5分程度の遅れ。

どっこいこうかな~。
穂高駅で降りてみよう。ちょうど常念岳を登ってから10年になるな。
あの時は早朝に穂高駅に着いて、即タクシーで山に向かった。
じっくり街を見るなんてなかったからなぁ

改札を抜けると、レンタサイクル屋が声を掛けてきた。
即決まりで、レンタサイクルを借りることにした。店の人に
見どころを聞きだした。

おぉ、気持ちいぃ。
青い空、白い雲、遠くの山並み、広がる田園風景そして、水の音。
大糸線沿線の側溝は豊富な水量で、耳に心地よい。
この水の音を聞いて、あぁ大糸線沿線を歩いているんだと実感する。

hotaka

geta

途中ででかい下駄を置いてあるお寺を見かけたので写真をパチリ

しかも、サイクリングに適したほとんど勾配の無い道が続く。
まじ、ええわ。
程なくして、大王わさび農園に到着
まず、看板が目に付いた水車小屋を見に行くことに。
黒澤明の「夢」という映画で使われた場所とのこと。
うんうん、見たことある風景だ。
もっと間近にみたいなぁ。
ん~ボートに乗るかなぁ。でもなぁ、体重100超が乗って転覆でもしたら
しゃれにならんぞ。乗るのはやめた。
suisya


茶屋でフランクフルト(昼食代わり)を食しつつ、園内を散策。
あり、空模様が、悪い。ぽつぽつと降り始めてきた。
急ぎで園内を出て自転車の場所まで戻る。
まぁ、晴れ間は見えているし、そう本降りにはならないだろということで
川までちょっと寄り道

穂高川に面した早春賦の碑の前でちょっとおしゃべり
諏訪市の人で旅行の下見に来たそうだ。
帰りに諏訪によるつもりと述べるといろいろ教えてくれた。
早春賦のメロディーはこちら
写真は碑の前からとったものです。

sousyunnfu

しばしして、駅に戻りました。

あとは、じっくり大糸線、中央本線の車窓を堪能し帰ってきました。
(韮崎に入る手前の車窓が好きなので写真に撮ろうとしたけど
失敗してしまった。)

ではでは、またね

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »