« March 2006 | Main | June 2006 »

April 29, 2006

さよなら交通博物館+α

捻挫なおらねぇ。。。。
しかも、長い間座っていると、足がむくんで痛い。
2時間程度が座っている限界。

ということで、青春18切符の旅は断念した。
列車旅でずっと立っているのもつらいし、立ったり座ったりの
繰り返しも迷惑な話しだし

さて、3月の青春18切符の旅で、
甲府駅にて、さよなら、交通博物館というポスターを見たところから
始まる。

小さい頃の思い出がぎっしり詰まった。交通博物館が5月14日で無くなってしまう。
そうだ、やえもんはどうなるんだろう。
やえもんを見に行こう!

4月28日

銀座線末広町駅で降りる。
昔、秋葉原って食べるところが少なかった。
電気街をうろついて、
腹が減ると、ガード下(脇?)の自販機コーナーでパンと飲料を食べて、
また電気街に浸るくりかえし。
お金があるときは、ベンガルのカレーを食べに行った。
(じゃんがらラーメンとかなかった時代です。)

スパイスの効いたカレーは絶品。
今でもおいしいw

電子部品を拡げて、店を開いている姿はなんとなくほっとする。
学生の頃の仲間と出くわしそうな気がする。

すたすたすたすた、
この角を曲がれば、旧万世橋駅=交通博物館が見えてくる。

Hakubutukann

えっやっぱ本当だったんだ、さようならなんて書いてある。

玄関脇のD51や新幹線までもさよならしている。

D51

博物館の中を探訪。
かなり込んでいる。老若男女めいいっぱい。
GW前日なのになんで、こんなに子供も多いのか。
しかも、カメラを持っている人の多いこと、
最後の記念なのね。

一階をほぼ見終え、最後にやってきました。ヤエモンの前に。
私のケイタイのカメラって晴天の屋外はまぁまぁ見れた写真になるんだけど、
室内の撮影は苦手。
家から別のカメラを持って繰ればよかったとぼーぜんとしてしまう。

とりあえず、ヤエモンの姿をカシャッ

Yaemonn

2階以降も見たいが、階段を下りれる自信が無い。
登るのは出来るけど。。。。う~ん。
次の鉄道博物館ではバリアフリーを期待しよう。
(というか、その前までに治らないかなぁ)

交通博物館を後にし、どこに行こうか。
ここはそうだな、神頼みで、上野の五條天神社にでも行ってみるか。
たしかここは健康関連の神様だったはず。

実をいうと、この五條天神社は厄落としで訪れて以来、
初詣や人生の節目になると行くようにごくごく最近までしていた。
この神社の境内にもうひとつ神社(花園神社)があってこちらは恋愛運だという。

山手線に乗り、上野へ。
上野公園内を散策し、花園神社の前についた。

Hanazono

階段を数段おりて、右手にある花園神社へまずおまいり
かるくお賽銭を入れようとしたが、
ありえないほどのバウンドをして、賽銭箱から弾き飛ばされた。

えっそんなのありですか。。。
くじで凶を引くよりもインパクトあるんですが。
とりあえず、動揺を隠しつつ、お参り。

そして、五條天神社へ
今度は丁寧に入れる。
お参りをして、
で、健康祈願をお願いしてきた。

健康はこれで、よし。
でも恋愛は納得いかないなぁ。
彼女いない歴7年。。。。
そろそろ隣に一緒に歩く人がいてもいい頃だなぁ。

そうだ、六本木に恋愛運のよくなる神社があるときいたことあるぞ。
テレビ朝日の由来となった神社というのは覚えている。
上野から六本木までは日比谷線で一本。

いってみよう。
目的地は六本木駅で親切に駅員に教えてもらった。
そうそう、朝日神社ね。

芋洗坂を下りながら、ふと思った。
恋愛開運の旅をしていた大学時代の友人がいたっけなぁ。
開運の旅、信州編は私も付き合った。
大学卒業の時は彼女なんていなかったのが、
卒業半年後には結婚式までこぎつけていたなぁ。

花園神社で、お守り一つでも買っとけばよかったかな。

数分で朝日神社到着。
以外に静かだ。首都高速からそんなに離れていないのに、
ビルが喧騒をブロックしてくれている。
だれもいないなぁ。

お札でも買おう。
インターホンで人を呼ぶ。
「ちょっとまってくださいね。」
待つこと数分、上の階から駆け下りてきてくれた。
「ネットで見てきたんですけど、恋愛運にはどれがいいですか?」
「そうねぇ、ネットだとよく、このお札が紹介されているみたい。
でも、肌身離さずなら、お守りもですが。」
おまもり、、、すごくかわいいくて、というか女子高生がかばんに
くっつけていると似合いそうな。。。。
「ちょっと男性だとかわいすぎますよね」
「う~ん、でもポケットに入れっぱなしなら見えないですから、、、、、
すいません、お札とお守り両方ください。」

恋愛運上昇なるか。。。。

帰りはアマンドでデザートを食べました♪


Amannd


ではでは

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2006 | Main | June 2006 »